【投資で勝てない人に向けるファンダメンタルの大前提】経済の本質を使った株価上昇相場に乗る方法

  • 2022年1月23日
  • Brain
  • view
【投資で勝てない人に向けるファンダメンタルの大前提】経済の本質を使った株価上昇相場に乗る方法

【投資で勝てない人に向けるファンダメンタルの大前提】経済の本質を使った株価上昇相場に乗る方法

0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

あなたが投資で結果を出せないのは、経済と金融の本質を知らないからです。

テクニカル分析のみに頼っていては絶対に勝てません。ファンダメンタルズこそ投資に重要なのです。

ファンダメンタルズのスキルを会得するには日々の勉強はもちろん必要で、日々知識をアップデートしなければなりません。そしてファンダメンタル図分析はテクニカル分析を丸暗記する難易度とはレベルが全く違います。

しかしだからこそ会得ができるだけで、他のトレーダーよりも優位性が確実に発揮できるのです。

本質を掴む事が何よりも重要な事です。

今回の記事は投資を行うにあたって最も重要な経済と金融の本質的な内容になります。この本質を知っているか知っていないかで資産を作るスピードが変わってきます。

この内容は全人類の上位1%も知らない、知識です。

この考え方をシンプルに腹に落とし込む事で、あなたの経済活動や投資活動に大きな変化を持たらし、人生を好転させる事でしょう。

■目次

  • 市場と経済金融の考え方
  • 経済は日々の取引の積み重ね
  • 取引はお金とクレジットで行われる
  • 取引の最大手は政府と中央銀行
  • 一番理解していない経済要素は『クレジット』
  • クレジットに発生する金利や利子
  • 誰かの支出は誰かの収入
  • 支出が増えると所得が増え、そしてクレジットも増える
  • 世界のお金と経済に深く関わる債務周期
  • クレジットで経済の経済成長の波が生まれる
  • 『借金』の持つ力〜借金は必ずしも悪ではない〜
  • クレジットが生みだす経済成長
  • 経済活動の成長と衰退の本質
  • 好景気の作られ方の本質
  • 好景気とバブルの作られ方の本質
  • バブル崩壊のメカニズム
  • バブル崩壊が引きおこす経済価値の消滅
  • 資産価値の消滅が引きおこす負の連鎖
  • 債務消失からの経済再生政策を間違えた日本
  • バブル崩壊が引きおこす経済価値の消失
  • 資産価値の消滅が引きおこす負の連鎖
  • バブル崩壊(恐慌)が引き起こす社会問題
  • リスクを伴う債務減額への道のり
  • バブル崩壊後は所得を引き上げ債務レバレッジを減少させる
  • 経済活動における3大原則
  • 債務周期から見る株価指標
  • 経済の本質を使ったトレード手法

【市場と経済金融の考え方】

私たちが生きる現代社会の経済はとても複雑に見えます。

経済は無限にある様々なファクターが複雑に絡み合ってできています。私たち人類が生活する際にお金を払って物やサービスを購入しお金を支払う行動の一つ一つが全体の経済と市場を創造するのです。

この様に無数にある経済活動の集合体であるからこそ、多くの人は経済の仕組みや動きについて考える事をやめてしまう人がほとんどです。

しかし、実際のところ経済の動きについて着目をするのであれば、たった3つの本質で動いているのです。

現在社会の経済を動かすからくりは本質さえ知る事ができれば意外と簡単な物なのです。

■経済は日々の『取引』によって作られている

経済の仕組みは、人間が行う経済活動の中に必ず存在する、日々の簡単な取引とその構成要素から構成されています。

例えば、あなたが100円のりんごをスーパーで購入したとします。この様な材やサービスを得る為のとても単純な行動を『取引』といい、この『取引』こそが経済をつくっています。

この様な『取引』をほとんどの人間が、繰り返し何度も何度も起こす事で、経済が成り立っています。

取引でできた経済を動かす3つの要素

この取引で成り立つ経済を動かす主要な要因は主に下記の3つの要素があります。

経済成長に必要な3要素

第1に生産力の成長

第2に債務の短期的な周期

第3に債務の長期的な周期

です。取引にこの3つの要素を個別に考え、またそれを積み重ねたモデルケースを考えると経済の動向と現在の状況を理解できます。

【経済は日々の取引の積み重ね】

まず最初は経済の最も簡単な要素である取引についてより深ぼっていきます。

経済は人間の日々の取引の積み重ねでできています。

例えば、あなたがご飯を食べにレストランに行き、1000円のランチを注文し、お店に1000円を支払うとします。すると、お店はランチを作る為に仕入れた食材の売掛金をこの1000円の中の一部に当てて支払います。経費を差っ引いて残った利益がレストランの儲けです。食材をレストランに納入した農家もまた、レストランから食材の金額を受け取り、この受け取ったお金の中から種子の購入や、物流の費用等々払っていき、売り上げた金額から経費を差っ引いて残った利益がこの農家の儲けとなります。

この様な金銭(借金やローンを含む)を介した商品やサービスの交換行動が取引なのです。

この様な取引をせずに生きている人はこの現代社会においてまずいません。私たちはいつも取引をして生きているのです。

何かを買うと必ず取引が発生します。取引では買い手がお金とクレジット(借金)を提供し、それと引き換えに売り手が物品、サービス、資産などを提供します。

【取引はお金とクレジットで行われる】

ここで重要なのは、取引には、お金とクレジット(借金)両方を使う事ができる事です。クレジットを使用する事で、今すぐ買えないほど高額なものでも、将来返済をするという約束(信用)が得られれば取引を成立させる事ができるのです。

例えば、あなたが家や車を購入する時を考えて下さい。手持ちの現金が欲しい商品(家や車)の金額に満たない場合、ローンを組んだり借金をして購入します。これは消費者がクレジット(借金)を提供し商品を購入しているという事になります。自分の信用を元に将来返済するという約束を交わし、取引を行う事がクレジットの概念です。

この様に、取引は現金だけではなく、クレジット(借金やローン)でも行われているのです。

この様にクレジット(借金)はお金によく似た物であり、性質はお金とほぼ同意で将来的にはお金を返済すれば取引が成立させる事ができます。

この事からも使われたお金とクレジット(借金)を合計すると支払総額がわかります。この支払総額が経済を動かすのです。経済指標を見る際に知っておくべき事は、その支払い総額は借金やローンを含んでいるという事です。支払額を売上量で割ると単価がわかります。

経済の動きは買い手と売り手の取引で構成されます。幾千幾万の市場で行われている取引の合計こそが実体経済の動きです。

市場とは、例えば食品業界の市場、自動車業界の市場、株式市場、飲食市場、等といった様な様々な業界の市場があります。経済はこれらのすべて市場での取引の日々の積み重ねでできているのです。

この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

この記事を購入する