【280部突破❢】ブロガーも必見!激時短ライティング術【秀逸】属人性AI導入の指南書~AIコンテンツメイクのすすめ

【280部突破❢】ブロガーも必見!激時短ライティング術【秀逸】属人性AI導入の指南書~AIコンテンツメイクのすすめ

【280部突破❢】ブロガーも必見!激時短ライティング術【秀逸】属人性AI導入の指南書~AIコンテンツメイクのすすめ

右京
2022-12-04
65 件のレビューがあります
平均スコア 5.0
現在が最安値になります。
先行者利益を考慮して値段を段階的に上げていきます。

⚠️【ご注意】
①当商品はコンテンツメイクの手法を教えるものではありません。コンテンツの作成に使える最新鋭Ai導入の指南書という位置づけのものです。
②当コンテンツの内容を実践する場合、パソコンがおすすめです。
スマホでも操作可能です。その際のポイントは本Brain巻末のQ&Aに追記しました。無料でも利用できます。

短期間でコンテンツ出来過ぎ注意!


東京 2039年 某月

東京 渋谷。目抜き通りを見渡せる壁全面の窓ガラスごしから、昼間の穏やかな日差しが街の喧騒とともに差し込む喫茶店にて。




青い髪の少女は、カウンターの席から飛び降りると、目を輝かせながら老人が座っているテーブルに両手をのせていた。

これは、そう遠くない およそ15年後の未来のお話です。


AIはどこまで人間に迫れるか

こんにちは、右京です。

わたしたちは 文章を自分で書くことが当たり前の時代に生まれました。

街を歩けば、いたるところに文章が溢れかえり、それを考えたのは生身の人間です。

コンビニの惣菜の棚に陳列されたおにぎり1つを手にしてみても、”いくら醤油漬け”という商品名が書いてあり、“北海道産こだわりおむすび”みたいなキャッチコピーまでついています。

想像してみてください 手にする商品は文章だらけです。文字が書いてないものを、まず目にすることはないでしょう。


それは 今 流行りの副業やネットビジネス業界においても同じです。

コンテンツを作ったり、ブログを書いたり、SNSだったりと。

いろいろあるのですが、基本 どれも文章がなければ成り立ちません。



✅ コンテンツを制作するときの内容
✅ 教材の特典 や無料企画の特典
✅ ブログ記事
✅ 電子書籍・kindle
✅ SNSの説明文などのネタ出し
✅ YouTube動画のシナリオや説明文

文章はそれほどビジネスにおいては必須なものなのです。

これを書くのは 血がかよった人間です。


その文章はパッとひらめくこともあるでしょうが、長くビジネスに関わっていくのなら、

精魂込めて、時間を削って 書かなければならないのが普通です。


コンテンツを作ることのストレス

パッと思いつくだけでも結構あります。



情報収集に時間がかかりすぎて文を書くころにはヘトヘトに
どのような順番で知識を出していっていいのか躊躇してタイピングがすすまない
ブログの毎日1投稿を続けてるけど、追いついていくのがやっと。そのしわ寄せで手首と腰がいたくなってきた
✔ 自分の経験から文章を書いていたら、それを出し切った時点で先がつづかなくなった
✔ 文章のかき方を勉強しているけど、まだ写経の段階 これもかなり骨が折れている
✔ 1文毎に 流れが揃ってしまいセンスがないと落ち込んでしまう
永遠の思考のループから抜け出せなくなり長時間の作業になる恐怖
大勢の人が読むと思うと力が入って 何を伝えたいかわからない文章になる
✔ 長い文章を考えると、言葉の係り受けが破綻してしまう
✔ タイピングがそもそも苦手なのでストレスしかない

それは、

時計の針が 深夜0時過ぎを回ったとしても、

いそぎの内容であれば、作業の手を止めるわけにはいきません。


明日 会社に出勤しないといけなくても

睡魔が襲い眠くても、風邪気味で38.5℃の熱があったとしても、歯をくいしばって気合と根性で頑張るしかないのです。


気合いだ、気合いだ、とアニマル浜口ばりに洗面所の水道水で

頬をパンパンとはって 自分のテンションを上げて書くのです。

と、これは今までの話です。

でも、これから先の世の中では違ってきます。


そう、あなたもご存じかも知れませんがAIが文章をスラスラと書いてくれるということです。

いったいどういうことか深堀していきましょう。

もし、AIで文章が書けるというとどのくらいのレベルのものを想像されるでしょうか。

低いレベルのものでは到底 役にはたちません。


AIが魂を込めた文章を書くためには、人間の心を理解し、共感できていなければならないでしょう。

日本ではまだ深刻に考えられていませんが、AI技術先進国のライティング業務に関わる人たちは、自分たちの仕事をAIが奪ってしまうのではとおびえています。

そう思いはじめている人もいるでしょう。


しかし 冷静に考えてみると、文章を書くということは、想像以上に複雑なことがわかります。

AIが人間と同じような感情を表現できるようになるには、人間を理解し 共感することが必須になるのです。

もし、仮にデータを積み重ねて人間について理解はできたとしても、共感という概念は 繰り返しの学習でみにつくとはとても思えません。

これを読んでいる あなたでさえ、 共感について 教わったことがあるでしょうか。


ビジネスでも 共感、ファン化のテーマは よく取り上げられますが 大変奥が深いものです。

人間でさえ よく理解できていない部分といえるでしょう。

その共感の部分を人間より はやくAIが理解できるとは到底 思えないのです。


AIは、すでに 具体的な名前を取り入れた文章で人をシンプルに感動させたり、

親しみやすい話し言葉で、違和感のない文章を書くことができます。


また、AIは特定の作家にしか書けないような独特の言い回しも書くことができます。

何年にもわたって、AI はより多くの人間の言語をサンプリングし 学習していった結果、よりスムーズな文章を書くことができるようになったのです。


つまり、コンピューターは、人工知能を使用して人間の作家の作風や、ライター心理は ほぼ真似できるようになりました。

なので、

知識だけを盛った文章を書くのなら現段階でも AIのほうが上をいってしまう感じです。


おそらく、属人性を欠いた(個性のない)辞書に出てくるような言葉だけで文章を書くレベルなら、人間はAIに太刀打ちできなくなるということです。


しかし、

AIには、どうしても乗り越えられない壁があります。


それは、人が空想するストーリーをAIがそのまま再現するのは、まだ難しいということです。

なぜなら、何が人の心を動かし、どんな文章で人が驚き 感動するのかまでは AIが深く理解できていないからです。


人工知能は、そういう意味では人間のライターができることをまだ100%再現できないと言えるでしょう。

これは、AI が人間と同様に 他者の目線を気にしていないためです。


なのでAI は、SFのような創造をはるかに超える物語だったり、エモい余韻のある文章までは書くことができないのです。

これはAIの課題ですね。


しかし、もし何年か先に 創造性や感情さえもAIが学習してしまったらどうなるのでしょう。

考えると、ちょっとヤバいです。


そうか、AIにできない壁があるのか、、じゃあ安心だね。とするのはまだはやいです。

実は、この文章はAIを使って書いたものです。


ちょっと加筆はしています。しかし

すでにスーパーマンのような能力を持つAIが、自分より人間の実力を上に見ている時点で、余裕があるというか。

謙遜にも程があると思うのです。


AIは あまり自分のことを 良く見せようという意識がないのかも知れませんね。

人間だったら、「俺がこんだけやってあげたぞ!」と大騒ぎするほどの内容にもかかわらずです。

こんな謙虚すぎるAIが、あなたの味方になったとしたらすごく頼もしいと思いませんか。


AIは決して、あなたよりも前に出てくることはありません。見返りを求めもしません。

「わたしが やりました!褒めてください」とは決して言いません。

絶えず一歩引いて あなたを サポートしつづけてくれるのです。


人よりも優しい。

それは まるで ドラえもんが温かくのび太を見守っているかのようです。


AIコンテンツメイクの可能性

既に AIは文章をスラスラと書ける実力があるということです。

もし、いまAIを使いこなせたらあなたの未来はこうなります。



思考時間を大幅にショートカットできるので、あまった時間で旅行や 子供の運動会に参加できる
コンテンツを作る知的労働から解放され、スターバックスで優雅なジャズを聞きながらMacBookで大好きな小説の下調べをすることができる
✅ 文章展開をAIが考えてくれるので、自分好みの装飾をちょっと加えるだけで人間らしい息のかかった文脈を生み出すことができる
✅毎日 ブログを書いたり、情報発信をしている人は 無駄に身構えることなく、ストレスフリーで文章が書けるので、お気に入りのYouTubeをチラ見しながらでも作業がどんどんはかどるようになる
✅ 書くことが大好きな人は、一度に並行して複数の案件を猛スピードこなすことで収入が6桁、7桁...とジャンプアップする
長文を書くことが苦手な人は、ワンクリックで何百文字という文章をAIが書いてくれるので うれしくて投げ銭をしたくなる
✅AIがWEB上の知識から文章を生み出してくれるので、調べごとをしてコンテンツを作る手間がはぶける

こんな感じですね。

でも、いいことばかりではありません。

AIを使う現時点でのデメリットも書いておかねばなりません。

謙虚なAIにとって 勘違いされても不本意でしょうから。

まず、


SF的な内容(空想)を描くことは苦手である
✔ まったくネット上に存在しない内容を予測をたてて判断することは難しい
✔ ネット上の膨大な知識を上回る教養を兼ね備えている人には向かないかも
✔ 1ミリたりとも、作業を人に任せるのが嫌な人とも相性は良くない

このような感じになります。

膨大な知識を身につけている人には向かないかもしれませんが、その知識があったとしても それをどのように表現するかは別の素養が必要となります。


また判断のスピードはおそらく、あなたよりも遥かに速いはずです。

なので、AIを利用すれば、そのような方でも工夫次第では十分に恩恵をあずかれるということです。


本Brainで得られるメリット


このBrainの内容を知ることで得られる可能性を書いておきます。



AIを使いこなす手順をステップバイステップで1から知ることができる
属人性のある文章をAIの力を借りて、短時間で書けるようになる
AIから新たな着想を得ながら 自分の発想になかった斬新な文章を書くことができる
✔ なかなか取り掛かれないコンテンツ作りの 突破口を見出せるだけでなく、具体的なアイデアまで手に入れることができる
✔ ブログを毎日書くことにストレスがなくなり、隙間時間に楽しみながらサクッとできてしまう
✔ これをマスターすることで、AIでコンテンツを作る方法を知ることができる
✔ AIとどういうスタンスでつきあうことがベストか現時点での見解が知れる

となります。


迷うことなくAIを利用いただく為のステップを できるだけ細かく解説することを心がけました。

ぜひこの機会に 手にとってください。


AIの本当の実力を思い知るでしょう。

その瞬間、ライティング・コンテンツ制作、さらにいうとビジネスの価値観が変わるはずです。


( コンテンツのつくり方そのものには触れておりません。)






特典に関して

また当Brainはレビュー特典を用意しております。


特典:AI追跡レポート~ コンテンツが仕上がる迄

本編の内容を読むだけで指南書として、AIのおよそ全体像をシンプルに把握していただける構成にしました。

さらにレビューをいただいた方へ 特別特典として、延長戦的に解説した内容をお届けさせていただきます。

本編を読んで大筋の流れは理解できた。よし、もう少し踏み込んだ話まで聞いてみようという場合は、特典を申し込んでいただけると嬉しいです。




新たなライティング・コンテンツ制作の時代は、もう目の前に迫っています。

ぜひ その扉を開いてください。

では、つづきは本編でお会いしましょう!

この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

65 件のレビューがあります
平均スコア 5.0
ガネーシャ

新しい可能性の塊

AIライティングについて一時話題になっていましたが、実用している人は一握りもいないでしょう。そんなブルーオーシャンな界隈で一足先にAIを扱えるようになる利点を想像できるでしょうか? ビットコインやYoutubeを思い出してください。後はわかりますね?
かなねこ

自分の世界と可能性が一気に広がった

文章を書くことは嫌いではないけれど、コンテンツ作成ににしろアウトプットにしろそれなりの文章にしないといけないと思うとどうしても後回しになってしまう・・・という自分のような人間にとってまさに救世主と呼べる存在であり、今すぐ実行しようとワクワクする気持ちとやる気が湧いてくるBrainでした。 可能性は無限大、人の数だけ存在する。今このツールを知ることが出来て本当によかったです。ありがとうございました!
mina

AIでこんな文章が書けるんだ⁉️という驚き

ブログアフィリエイトをやり始めたのですが、コンテンツ作成になかなか時間が使えず、外注化も考えていたところでした。 ブログアフィリエイトをやろうと思ったくせに、文章を書くのは大の苦手、、、まさかAIにお手伝いして貰えるなんて、、、!と、感動しております。 早く書きたいです。
白フクロウ

一読して限りない可能性を感じました。

本業のかたわら、ブログアフィリエイトをやっています。 このBrain自体が一部AIを利用されているのにびっくりです。 もちろん、これほどの完成度を高めるのはコツや慣れが必要かとは思いますが、AIライティングの可能性はかなり期待できそうです。 とにかく時間が欲しいのでAIライティングを有効活用できればと、期待が膨らんでいます。
ゆい

人の書いたような文章

以前、ツール記事というのを見たことがありますが(今でもたまに見かける)ただキーワードをところどころに入れたというだけの、全く意味不明の文章で、、 しかも、そんな記事でも上位表示されているとちょっとイラッときたりしますが(笑) でも、右京さんが指南してくれるこのAIは全く違う新しい世界に導いてくれます。 色々とアイディアが浮かんできてるので、これからが楽しみです!
カゲヤマ

これからの時代はAIを使う側かAIに使われる側に二極化する

これからの時代は、AIを使う人とAIに使われる人に二極化するでしょう。 AI は人間の知性に代わるものではありませんが、人間を強力に支援することができるということがこのコンテンツで理解できました。 AIはコンテンツ制作の過程における重要なパートナー的な役割を担うようになるはずです。 AIが文章を考え、人間がその無機質な文章に魂を吹き込む。 そんな人がこれから増えていくはずです。 ちなみにこの文章もAIを使って作成しました。
ペンギン

コンテンツ制作の可能性

まさに自分が今、ぶち当たっている壁を改善してくれる様な教材でした。コンテンツ制作したいんだけど、文章作成力に自信がない、手間がかかる。そんな悩みをAIが解決してくれる日が来るなんて。。。早く実践したい自分が居ます。購入して良かったです!
りょうゆう

ライティングに味変を

まず人が生活する上で、常に全力で生きていることはないだろう。 顔を洗う時に全力か?ご飯食べるのに全力か? こう問われると、答えはNOだ。 それを筆者はライティングに置き換えて、説明してくれている。 文を作るときに常に全力か?→これも答えはNOだ。 必ず誰かの文章を参考にしたり、型や言い回しを模倣したりするだろう。 つまり、「楽」している時間が存在するのだ。 このコンテンツは、その「全力ではない部分をAIに任して、楽していこうぜ」「余った時間を、自分にしか出来ない仕事に回そうぜ」といった内容である。 忙しい人にこそ、取り入れてほしいコンテンツ。

この記事を購入する