【4か月で20,000人登録】初心者YouTuber必見!SNSフォロワーなしで最短で登録者1,000人を達成するまでにやったこと

  • 2020年9月2日
  • 2020年9月28日
  • Brain
  • 104view
【4か月で20,000人登録】初心者YouTuber必見!SNSフォロワーなしで最短で登録者1,000人を達成するまでにやったこと

【4か月で20,000人登録】初心者YouTuber必見!SNSフォロワーなしで最短で登録者1,000人を達成するまでにやったこと

4 件のレビューがあります
平均スコア 5.0

こんにちは、ろっく(@rock_steadey)です!

私は、2019年3月に副業YouTberから脱サラして、戦略系YouTuberになりました。

現在6チャンネルを運営しており、現状の登録者計120,000人くらいです。

内訳は以下の感じです。

<運営チャンネル>(2020/8/29時点)
・エンタメ系チャンネルA 7,000人(2018年1月~)
・海外向けチャンネル 1,000人(2017年~)
・エンタメ系チャンネルB 7,000人(2019年4月~)
・猫チャンネル 1,000人(2019年7月~)
・ビジネス系チャンネル 64,000人(2019年10月~)
・ビジネス系チャンネルB 43,000人(2020年3月~)

YouTubeチャンネルを運営していて、こんなことないですか?

「動画投稿してるけど全然登録者増えない!!」

「再生回数がまったく反応なし!バグじゃないの?」


動画あげても全然再生されなくて、YouTube側がおかしいのではないかと疑うこともありますよねw

実際、過去の私もそうでした!

初期に作ってたYouTubeチャンネルは、

とりあえず動画100本つくる!

てな感じで気合いだけで動画投稿してましたね…


もちろん、そんな考えではうまくいくはずもなく…

みごと撃沈…


そこで、うまくいってる人のチャンネルを徹底的に研究したり、直接会って話を聞いてくなかで、やっとみつけました!

成功してる人はみんな共通の考え方があったんです。

私も、"その考え方"を実践をすることで、

直近のビジネス系チャンネルでは、

3か月で登録者10,000人を達成することができました!

しかも、当時のTwitterのフォロワーも500人ほど!

もともと有名な人間だったわけでもなく、無名のただの一般人!

Twitter等のSNSなし!広告もなし!不正な登録者の売買もなし!

真っ当にYouTubeのみで3か月で10,000人を達成しました!


”ある考え方”をいれるだけでここまで違いがでるのかと、

正直びっくりしました!


さらに、視聴回数の推移を見てみるとわかるとおり、1発なんらかバズったわけではなく、着実に積み上げていってる感がいいんですよね~

YouTube運営の要である"ある考え方"をおさえた戦略を実践しているため、最速で登録者を増やすことができています。


成功者に共通してる"ある考え方"とはなにか?

それは

「視聴者を想定すること」

YouTubeで伸びる人と伸びない人の大きな違いは、視聴者のことをちゃんと考えて運営しているかどうかです。

要は、自分の動画を見てくれるターゲット層(ペルソナ)を設定することです。

ターゲット層を設定するとどうなるのか?

・視聴者が観たい動画がわかるようになる
・動画のクリック率、視聴維持率が向上する
・最速で登録者1000人達成できる


逆に、YouTubeで伸びない人にありがちなケースとしては

・自分がやりたいこと、言いたいことを思いつきで動画投稿してる
・すべての視聴者を対象にしてる(来るもの拒まず…)
・そもそも視聴者が何を求めてるのかわからない 

こんな感じで無策に動画をあげて、不特定多数の視聴者にみてもらおうとしても、チャンネルは伸びません。

私もいろんな方々のチャンネルを100チャンネルくらいアドバイスをしてきましたが、伸びてない人の動画はだいだい…

「その動画だれがみたいねん!」

「誰向けの動画やねん!」

って感じでした。


視聴者もボランティアではないので、貴重な時間をつかってくだらない動画を見る時間はありません!

・視聴者が見たい動画をだす
・動画を見てくれる人に動画をだす

これが基本中の基本です!

なので、このターゲット層をおさえた基本戦略を立てて、チャンネル運営をしないと無駄な時間を過ごすことになります。

基本をおさえた戦略をたてることによって、私のチャンネルでは9か月で60,000人を達成することができました!

って言うのは簡単なんですが、具体的に何をすればよいかがわからないですよね?

なので、このBrain記事では

ターゲット層をおさえた基本戦略を具体的にどのように考えたらよいのか?

・どんなターゲット層にすればいいのか?
・視聴者が求めているものは何なのか?
・ターゲット層に対して、具体的にどんな動画を出せばよいのか?

ということを、開設3ヶ月で10000人達成したチャンネルの実例を含めて記載してます。

※このBrainでは開設3か月で10000人達成したことを、記載していたのですが、だんだんあれもこれもというこで、どんどん追記されていき、今ではYouTube攻略のすべてが詰まってるBrain記事になってしまいましたw


◆事例紹介(エンタメ系チャンネル)

エンタメ系チャンネルを1年以上運営していて、なかなか登録者も増えずに悩んでいた方が、この基本戦略を実践したところ、様々な指標が改善されて、登録者1000人も達成することができました。


ジャンルによっては、そのまま使えるものでもないので、どういう戦略思考で動画投稿をしていったのかを参考にしていただいて、自分のチャンネル戦略策定をしていただければなと思います。

特に、登録者1000人の壁を突破したい段階の人には、かなり参考になる内容になっております。

<このBrainを読んでほしい人>
・特に戦略なく動画投稿をしている人
・登録者1000人の壁が遠く感じる人
・いつも自分の思いつきで動画をつくっている人
・視聴者が何を求めているのかわからない人


目次
0.はじめに
0-1.対象としている戦略スコープは?
1.3ヶ月で10,000人を達成するまでにやったこと
2.最速でチャンネル成長をさせる方法
2-1.チャンネル成長を最速にする視聴者を狙う方法
2-2.視聴者ニーズがあるネタの効率的な探し方
2-3.視聴維持率を向上させるための施策5つ
3.ターゲット層の視聴者を集めて効率的に再生数を稼ぐ方法
3-1.ブラウジング再生のメカニズム
3-2.チャンネル"潜在"登録者を増やす方法
3-3.検索需要を調べる
3-4.集客狙い動画と登録狙い動画を分ける戦略
4.再生数を倍増させて、成長スピードを加速する方法
4-1.バズった動画からの視聴者流出を防ぐ方法
4-2.バズった動画の関連動画を狙う方法
5.視聴者の反応を見つつメンテナンスする方法
6.戦術のまとめ
7.Adsense以外のマネタイズ(おすすめ)
8.市場調査のやり方。ジャンル分析など
9.2020年はビジネス系がアツい!
おわりに

0.はじめに

0-1.対象としている戦略スコープは?

◆ターゲット層

まずは、一番需要なのはターゲット層を知ることです。

このターゲット層の設定次第で、今後のYouTubeライフは天国か地獄かに!

実際に、どういう考え方でターゲット層を考えたかご説明いたします。

まず、YouTubeの視聴者は、ざっくり『娯楽需要』、『情報探索需要』に分類されます。詳細は下記図のとおり

それぞれ需要の視聴者規模は、

Google日本法人のオーディエンスリサーチの結果を参考にすると、

ざっくり

『娯楽需要』:約80%
『情報探索需要』:約20%

くらいなイメージかと思います。

それぞれの視聴者需要の特徴をまとめると

『娯楽需要』:
視聴者多い。登録者とりづらい。

『情報探索需要』:
視聴者少ない。視聴者のモチベーション高い。登録者とりやすい。

現状では、視聴回数が稼げる『娯楽需要』をターゲットにしたチャンネルが圧倒的に多いです。なので、ライバルチャンネルもたくさん!

YouTubeはエンタメ!

というのがこれまでのYouTubeだと思います。

ただ、ここ最近は『情報探索需要』の視聴者もめちゃくちゃ増えてきてます!

ですが、『情報探索需要』を狙ったチャンネルはまだまだ少ない状況。

『情報探索需要』の視聴者の特徴は、動画を見るモチベーションが高いことです。

動画を見る理由がある人たちなので、有益な情報がこのチャンネルにあると思ってもらえればチャンネル登録されるのではないかと。

ただ、

『情報探索需要』を狙うえでの欠点は、視聴者がまだまだ少ないので再生数が稼げないことです。

この欠点を補いつつ視聴者の取り込みをやっているのが、最近流行りの漫画系チャンネルです。

雑学+漫画ストーリーを組み合わせた形になっていて、知的好奇心をくすぐる内容を、漫画ストーリーでエンタメに仕上げてるところが爆伸びの要因なんだと思います。

<需要両どりチャンネル例>
・バイリンガール:英会話勉強+YouTuberエンタメ
・中田敦彦さんの大学:エンタメ芸人+歴史等の勉強
・漫画系チャンネル:雑学+漫画ストーリー

これらを踏まえて、私の3ヶ月10,000人を達成したビジネス系チャンネルでは、最短で登録者1,000人を達成するにはどうすればよいかを考えて、『情報探索需要』の視聴者をターゲットに絞りました

流行りの漫画系みたいな『娯楽需要』『情報探索需要』の両どりをやったらいいやんと思うんですが、

ぶっちゃけ難しい・・・

なので、シンプルに『情報探索需要』視聴者を狙って登録者を増やし、登録者が増えてきたら、『娯楽需要』にシフトしていく戦略にしました。

◆戦略範囲

ターゲット層を設定しただけでは、YouTubeは攻略できません。

これからは、ターゲット層にあわせた運営を実践していかないといけません。

YouTube運営で実践することは

1. 市場調査
2. 動画ネタ選定
3. コンテンツ作成
4. チャンネル運営

このBrainでは、3ヶ月10,000人達成したビジネス系チャンネルにて実践した、ターゲット層をおさえた具体的な戦略を記載しております。

価格は3,980円です。
ぶっちゃけ、このnoteを見た方からは安すぎるとか、市場の破壊をしてると言われまくってますが、気にせずこの価格でいきますw
<2020.7.5追記>
・市場調査の方法を追記いたしました

この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

4 件のレビューがあります
平均スコア 5.0
こだわりくん

とてもわかり易い。

僕が購入したのは2020年6月なので、初期に買った方よりも高いかもしれませんが、特に不満は無いです。払う金額相応の勉強をさせていただいたと感じています。有難うございました!
黒ちゃん

論理的な戦略も図解でわかりやすい!

とにかく図解があって戦略の論理構造がわかりやすい!文章だけの説明だといまいち理解できない内容でも、図解があるとスッとはいってきます。YouTubeの戦略自体も抜け目なく考えられており、ここまでやるのかと少しびっくりしました。この考えかたを参考に自分のチャンネルに落とし込んで考えてみたら、今まで自分のチャンネルがいかに浅はかだったかと…早く気づけてよかったです。YouTubeこれは初心者でどういうふうに動画投稿をしていけばわからない方には、かなりおすすめです。
サカイカイ

Youtubeを何度もやろうとして留まっていた人にはピッタリ!

図解も満載で、欲しい情報や戦略がしっかり統計も取れていて 今までYoutubeをやろうかどうか迷ってた人の背中をグングン押してくれるような内容が満載でした!こんな金額でこれを教えてしまっていいのでしょうか?と疑問には思いましたが 是非こちら見てみてほしいです!
LunaPiena

コンテンツを武装できる分析

YouTube における分析の意味と その具体的な方法に関して体系的にまなぶことのできる教材です! コンテンツがよくてもそれを誰かの心に当てていくには、当てるための分析が必要だということです。 ワンピースで言えば能力が高くても 武装色がなければヒットできないと言った感覚です。 特に初心者であれば是を非この教材があれば、分析の土台を作ることができ、それを武装したうえで、コンテンツ自体のオリジナル性をさらに高めていけると思います。 ちなみにわたしもとりあえず100人近くまで到達できました。

この記事を購入する