【crowd worksで月2万円】WEBライティング歴半年で実際に稼いだ実体験と、初心者に立ち塞がる壁の超え方

  • 2020年2月2日
  • 2020年5月29日
  • Brain
  • 105view
【crowd worksで月2万円】WEBライティング歴半年で実際に稼いだ実体験と、初心者に立ち塞がる壁の超え方

【crowd worksで月2万円】WEBライティング歴半年で実際に稼いだ実体験と、初心者に立ち塞がる壁の超え方

hirotsugu
2020-02-02 03:53:26
0 件のレビューがあります
平均スコア ">

当記事は、こんな方々へ向けて解説しております。

・Webライターに興味がある方

・副業としてWEBライティングで月数万円の収入を得たい方

・他人の提案文を見てみたい方

・実際にWEBライターとして、小さく稼いだ先人を参考にしたい方

・提案が通らず、挫折しかけている方

・仕事の流れが分からず、不安を抱えている方


近年の副業ブームも相まって、注目されている副業の一つ「Webライティング」。

webライティングは場所に囚われず職場の休憩時間や電車通勤、待ち時間を有効に活用できる数少ない副業です。

また長期間の運用が必要で成果が出るか分からないブログやSNSと違い、再現性が高く即金性の高い仕事となっています。

ですが「誰でも簡単に稼げる」という謳い文句が広まり、参入性の低さから応募者が殺到。

現在では生半可な覚悟では仕事が取れず、只々無駄な時間を消耗して終わってしまうという方々が跡を立ちません。

そんな近況で、クラウドソーシングサイトの中でも最も案件数の多さを誇る「crowd works」を利用。

実際に半年で2万円近くを稼ぐ事が出来ています。

このまま同じ収入が続けば年間で約20万円、結構馬鹿に出来ない報酬ではないでしょうか。

そんな私が実体験を得ていく上で、最初に教えて欲しかった事。

あまり広く語られていない、Webライティングの実体験談。

そして初心者に立ち塞がる壁の乗り越え方などを、当記事では紹介していきます。

是非初めの一歩の道標として、当記事を参考にして頂ければ幸いです。


1章 最低限覚えるべき文章スキル・マインド


多くのクラウドソーシングサイトを利用した、副業入門で語られるのは「いきなり仕事を受注しましょう」という勧め。

確かに仕事を進める上で、徐々に自分自身が成長していくので間違った教えではありません。

ですが、それはあくまで「仕事が受注できたら」という前提の話

Webライティングは、テストライティングを通過し継続案件を受注しなければ話になりません。

そこで文章を書き慣れていない方々が、いきなり挑戦しても大抵は門前払いを受ける筈です。

事前に門前払いを受ける前に身につけておきたい、文章スキルは以下の4点となります。


この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

0 件のレビューがあります
平均スコア ">

この記事を購入する