【note完全攻略】ゼロから始めるコンテンツ制作

  • 2021年7月30日
  • 2021年9月19日
  • Brain
  • view
【note完全攻略】ゼロから始めるコンテンツ制作

【note完全攻略】ゼロから始めるコンテンツ制作

SHO
2021-07-30
1 件のレビューがあります
平均スコア 5.0

こんにちはSHOです。


TwitterやInstagramをはじめいつもお付き合い頂きありがとうございます。

フォロワー1000人の頃から書き始めた「SHO-note」ですが、note&Brainでの販売部数は2020年12月現在で累計1300部(2021年7月現在2200部)を突破しTwitterでは“noteおじさん”なんて異名で呼ばれるようになりました。

今回の記事ではそんな私がnoteというプラットフォームの活用法、そして情報発信やビジネスへの活かし方をなるべく詳細に共有させて頂こうと思います。

まずは『お前だれやねん』って話ですよね。

初めましての皆様も、いつもお世話になってる皆様もよろしくお願いします。SNSではSHOという名前で活動しております。


普段は個人で色々な事業の仲介や営業代行、BBQ事業やインポートブランドの仲介等を東京を拠点にして活動しながら、日本に住んでるOFW(Overseas Filipino Workers)へ現地在住のローカルと組み資産運用や事業構築のお手伝いなんかをしております。


2019年より「株式会社AEGIS」を設立しマーケティング部門の取締役を務めさせて頂いております。

実は貿易会社として資本金2000万でスタートしたのですが、コロナで物流を動かせる状況ではなくなり現在は営業代理店、オーダーメイドスーツの自社ブランド、事業者向けWEB集客のお手伝いなんかをさせて頂いております。


Twitterでは、私のフィリピンでの愛称である“SHO”の名前で活動させて頂き、コンテンツ販売や、個人や店舗に向けてSNSで収益化していく為のサポートをさせて頂き、Twitterで稼いだ利益の一部でフィリピンのマニラにある小学校で炊き出しをさせて頂いたり、タール火山噴火の被災地であるタガイタイへ支援物資を届けたりさせて頂きました。


ビジネス垢として扱われ、意識高い方々に持ち上げられがちですが基本的には日常を呟く事で色々な方と交流するのが好きなちょっと異色な普通の人です。


主にリスク無く個人が生きていく為の仕事術などをnoteやBrainでは記事にさせて頂き、勝手に“0円起業”や“コバンザメ商法”と称して皆様に私の働き方についての考え方を共有するところから、コンテンツ販売をさせて頂くようになりました。

主に0円で始められる副業やSNSの攻略についての記事をnoteやBrainで販売させて頂いております。

0円で起業するコバンザメ商法の極意

【Twitterの有料サービス】5万円払ってわかった闇-コスパ高いサービスとクソサービスの見極め方-

【決定版】Twitter×noteで累計500万円稼いだ王道の立ち回りと悪用厳禁な運用法

【SHO-note+】何故か99%の“拡散屋”が展開しないTwitterでのマネタイズの仕組み 後発組の戦い方を教えます

BUYMA STARTUP 〜無在庫在宅ビジネスの始め方

noteやBrainではこのような記事を販売しておりますので無料部分だけでも目を通してみて下さいね。

それでは早速本題へ移りましょう。

『noteってどんなプラットフォーム?』って質問すると結構人によって印象が違ったりとすると思うんです。

ある人は「ブログみたいなヤツでしょ?」と答え

ある人は「情報商材を売る場所でしょ?」と答え

ある人は「企業の広告媒体的なヤツ?」と答え

ある人は「メルマガのサービスでしょ?」と答え

このnoteというプラットフォームは色々な機能があるのでさまざまな付き合い方をしてる方が多いと思います。noteのオフィシャルな情報と共に、私の個人的な見解を含め“note”というプラットフォームについて説明させて頂こうと思います。

noteとは2014年4月7日より「クリエイターを応援するコンテンツプラットフォーム」としてピースオブケイク社(現note株式会社)によりサービスを開始されたデジタルコンテンツ配信サービスです。

note ——つくる、つながる、とどける。クリエイターが文章やマンガ、写真、音声を投稿することができ、ユーザーはそのコンテンツを楽しんで応援できるメディアプラットフ

note.com

note内に投稿出来るコンテンツは次の5種類

・テキスト(記事作成)

・画像

・つぶやき

・音声(MP3)

・動画(YouTube video)

文字を投稿するだけではなく、動画や音声、つぶやきを投稿する事が出来るのでブログ的な使い方だけではなくSNS的な側面もあるのがnoteの特徴です。

私がnoteに参入したのは2019年9月頃ですが、実はその当時Twitterや各種SNSでは「noteはオワコン」「今から参入する奴は居ない」なんて言われてたんです。しかし同年11月25日よりnoteのドメインを「note.mu」から「note.com」に変更され2000万人だったMAU(月間アクティブユーザー)は半年後には3倍を超える6300万人へ爆発的に伸びたのです。


各SNSのMAUは以下の通り
Twitter⇨4500万人
Instagram⇨3300万人
Facebook⇨2600万人
TikTok⇨950万人

そして大手ブログサービスのアメブロや、はてなブログのMAUが数年間横這いなのを考えると非常に影響力のあるプラットフォームになってる事が理解頂けたかと思います。


そして私の主観も入りますが2020年に入ってから急激にSEOに強くなり様々なワードでGoogleの検索上位に表示されるようになり各方面でインフルエンサーが再度noteについて肯定的な意見をするようになり数々のnoteがリリースされてきました。

2020年3月13日には月額50000円から利用出来る法人向けサービス「note pro」が正式リリースされ現在は様々な企業が情報発信の場所に使ってます。

Twitterでは主に「有料コンテンツ販売」の側面ばかり露出するのですが実は色々な使われ方をされてる大きなプラットフォームだったりするんです。

今回は「個人で参入する」事を前提として法人版のproではなく「note」について解説していきます。


noteの公式から出てる使い方はこんな感じ

noteで投稿出来るのは以下の5種類

・テキスト

・つぶやき

・画像

・音声

・動画


SNSと同様に「フォロワー」機能があるので、投稿がフォロワーに届くというSNS的な使い方も出来ます。


基本的にはブログの様に記事を制作する為に活用する人が大多数を占めます。独自ドメインではないですが、アメブロやはてなブログ的な使い方をするのが一般的な印象ですね。


プラットフォーム内でのハッシュタグや関連記事より流入もあり横の繋がりも生まれてきます。ブログ的な使い方をする事は出来ますが、アメブロやはてなブログ同様“アフィリエイト”リンクは基本的に貼れないので、アフィリエイト収入を得る事は出来ないと思って頂いて問題ないかと思います。


そして他のプラットフォームにはない特徴のひとつに「有料記事」を作成出来ることです。

あなたが書いた記事にあなたが値段を付けて販売する事が出来ます。

あたなの知識や情報、あなたが感じたものが「オリジナルコンテンツ」になり得るプラットフォームがnoteというサービスです。主観的な言い回しになりますが『有料記事を販売出来るアメブロ』みたいなものとイメージして頂ければわかりやすいかと思います。

有料記事に関しては100円〜10000円で販売価格を設定出来ます。

月額500円のプレミアム会員になると販売価格の上限が50000円となり、様々な機能が開放されます。

プレミアム会員になるとこんな事が出来ます

【定期講読マガジン】

要するにメルマガ的なサービスですね。

月額制の定期講読記事の配信が可能となり非常にシンプルなメルマガ的なサービスを展開出来るようになります。バックナンバーが一覧で出ますので非常に閲覧し易くオンラインサロンと組み合わせてこれを決済に使い、note内で発信してる方も居ます。

【予約投稿機能】

日付と時間を設定しnoteを予約投稿出来るようになります。

ブログ的な使い方をする際に定期配信する場合、書き溜めて配信する事が出来るのでとても便利ですね。

【コメント欄のON/OFF機能】

記事へのコメントのON/OFFを選択出来るようにな

ります。私は特に使ってませんが、コンテンツ作成時にコメントをOFFにするとスッキリ閲覧する事が出来ます。


【販売価格の上限を5万円に引き上げ】

上記で説明しましたが有料記事の販売価格は通常会員の場合は100円〜10000円ですが、50000円まで引き上げる事が可能になります。

基本的に10000円を超えるコンテンツを作成するタイミングでプレミアム会員に変更するような感じで問題ないかな?と思っております。

【有料記事の数量限定販売】

有料記事の販売時に“数量”を予め設定して公開出来るようになります。単純に“数量限定”の希少価値を出したりする事も出来ますが、この機能を利用してイベント等のチケットの代わりにしたり、販売部数の管理をしたり、記事以外の販売に使われたりしてます。

【マガジン数が無制限になる】

通常21個まで作れる“マガジン”ですが、無制限に作成する事が出来ます。自分の記事だけではなく、他のユーザーの記事もマガジンに登録出来るので、カテゴリーで分別する事が出来ます。

【Amazonウィジェット対応】

マイページにAmazonの商品ページのリンクを貼る事が出来るようになります。ブログ的な使い方が出来るnoteですが対応してるアフィリエイトはAmazonのみになります。

有料会員になる事でこの様に様々な機能を使えるようになるので自分の立ち回り方と相談しながら使う事で展開の仕方を変える事が出来ます。

2020年2月より新サービス「サークル」が公開されました。サークルではクリエイターが月額課金制のコミュニティを作る事が出来る“簡易的なオンラインサロン”のような機能。

メンバー限定の掲示板やサークル限定のマガジンの設定なんかも出来るので気軽にオンラインサロン的な環境を整えられるようになりました。

通常、オンラインサロンの場合はFacebookの承認制コミュニティを利用し、別媒体で決済サービスを組み込むケースが多いですが、noteのサークル機能のメリットはnote内で決済まで完結するという事。これによりユーザビリティの高いコミュニティ運営が可能となります。

私も申請中なのですが、過去に嫌がらせの集団違反報告をされた影響なのか、なかなか審査に通りません。笑

審査に通ったらみんなでnoteを攻略していくようなコミュニティを作成しみなさんのコンテンツ制作を応援したり、色々なアルゴリズムを一緒に検証したり楽しめたらいいなと思ってるので審査が通るようにみなさまも祈っていて下さい。

簡単な説明にはなりますがnoteではこのように様々な機能が実装されています。

さて、何故あなたがnoteに参入するべきなのか?

ひとつは誰でも自分のコンテンツを作る事が出来るのであなたの経験や知識が商品になり得る可能性があります。

先に結論だけ伝えておきますね

・信頼を間借りする事が出来る

・SEOに非常に強い

では解説していきますね

有料記事や定期講読マガジン、サークルを活用したコミュニティの作成、自分のコンテンツをnoteを介して作る事が出来ますが、noteのプラットフォームが強いのであなたではなく「note株式会社」の信頼度を間借りする事が出来ます

例えば、私の場合はnoteとBrainというプラットフォームで有料記事を公開させて頂き累計1300部を超える記事を販売させて頂きましたが、同じ物をPDFで作成し、LPを組んで販売したとしたら“同じ結果”になったでしょうか?

正直、私はそうは思いません。

過去のクリエイターと運営の努力により「知名度」と「信頼」がコンテンツへの「信頼度」に影響し、それにより今の結果があるものだと思います。

あなたがコンテンツを作ったとしたら中身を読む前に代金を払うのが一般的な為、「信頼度」って実は非常に大きなフィルターになったりするんです。

例をあげるならあなたが「Louis Vuitton」の財布を定価の1/3で仕入れる事が出来るようになり、世界中の何処よりもあなたが安く販売出来るとします。

商品は間違いなく本物で当然高品質。最大の利益を出す為に路上で手売りしてたとします。

どうですか?バカ売れしますかね?

もちろん目利きが出来るお客さんも居るとは思いますが、基本的には「怪しい」ものは買わないというのが消費者の心理だと思います。

意外と「何を買う」以上に「何処で買う」って大切だったりするんですよね。販売するプラットフォームが強いというのは信頼に繋がりますので大きな利点となります。


そしてもうひとつ

noteはSEOが非常に強い点です。

ブログのような使い方をする際、Google検索からのアクセス数が大切です。私も不慣れながら固有ドメインでブログを運用してましたが、上位表示されるか否かでアクセス数は決まります。

noteは特性上、AdSense広告やアフィリエイトでのマネタイズをする事は出来ませんが、流入口として使ってる方も非常に多く見受けられます。

例えば無料記事でブログのような運用をしLINE集客したり、LPに流入したり、ブログの記事を紹介していたりと、プラットフォームのドメインパワーが強いので初めから独自ドメインでメディアを立ち上げるよりも上位に表示されるのが早かったりします。

SEOが強化された理由として推測される理由は上記で説明したドメインの変更。企業の中古ドメインは不利と言われるSEOですが、SEOの変更と共にnoteは質の悪い有料記事を一掃し、機能なども大きく改変したため大規模なアップデートをしたとGoogleから評価されたんだと思われます。

私がnoteを書き始めた当初は「noteはオワコン」なんて言われてた時代で、詐欺まがいな有料記事が横行してました。私はカジノプレイヤーでして、海外で滞在する時はカジノに籠って生活し、一時はカジノに行くために毎週韓国へ行き、仁川空港からカジノへ行きギャンブルを楽しみそのままカジノから空港へ戻帰国するようなキチガイみたいな生活を送ってたりしました。


そんな私がnoteで見付けた有料記事「ギャンブルに負けないたったひとつの方法」

数百円だったので半信半疑でしたがどんなバンクロール管理の話をするのかな?って思いで読んでみたら「ギャンブルで負けない方法はギャンブルしない事です」って記事だったんですよね。笑

noteの運営に問い合わせ返金をして頂きましたが、この記事を書くにあたり当時の事を思い出したので皆さんに紹介しようと検索してみましたが案の定削除されたようで見付かりませんでした。


今ではそのような記事はnote内では全く見なくなりましたね。

そして私も肌感程度で感じてたのですが、先日大手広告代理店のデザイナーさんとお話させて頂いた際に教えて頂いたのが、記事の下に出てくる「おすすめ記事」が以前はカテゴリー分けが緩くあまり関連性がない記事も表示されてましたが、最近は私がTwitterの記事を書けば「Twitter」「副業」「Webビジネス」等の記事がおすすめとして表示される仕様に変更されました。

肌では感じてたのですがやはり関連記事の精度が上がったようです。

これによりユーザビリティが向上しGoogleでの検索順位が上がっているのと共に、私達のようなコンテンツ販売者からしたらプラットフォーム内からの流入も見込めるようになりましたので、自身の発信の場として使いやすく、初心者でも気軽に始められるようになりました。

プラットフォームの強みとしては上記の2点。

私がnoteをおすすめする理由は、なかなか理解されない事なのですが、有料記事でのコンテンツ作成にチャレンジする事で自分の文章力を試す事が出来ます。


例えば、このnoteも当然そうですが今あなたが読んでるのは“無料部分”です。

ブログに例えたら分かり易いと思いますが、アフィリエイトで利益を出すのに必要なのは「セールスライティング」です。

ブログの記事はいわば“映画の予告編”その記事を読んだ人が記事内のアフィリエイトリンクをクリックし購入に至ることで初めて収益が発生します。

noteで有料記事を作成する場合、noteの購入が直接収益に繋がるので、自分が作った商品に対して“興味付け”させる必要があります

つまり最短距離で“セールスライティング”を学び身に付ける事が出来る環境が整ってたりするんですよね。

要するにあなたの学びを最速で活かす事が出来るのがnoteでのコンテンツ制作なんです。

そして自分の文章力を試し、「購入」という形で反応があるので他者からの評価を体感しやすく、モチベーションを維持する事が出来ます。

勘違いしないで頂きたいので先に申し上げますが、「稼ぐのにnoteが最適」なのではなく「稼ぐ力を身に付けるのにnoteが最適」なのです。

文字だけで誰かのこころを掴む事は一方的な発信になりやすいので非常に難しいのですが、コンテンツを自分で作ることにより読者から「購入」という形で評価される事で自分のスキルを高め、実社会でもあなたを成長させ大きな利益を生み出す力になります。

何かを発信する発信者ならこれだけの理由だけでもnoteにチャレンジする価値があると私は考えます。

noteでオリジナルコンテンツを作成する場合、記事をアップするだけではなかなか記事が読まれません。当然ですが、どんなに良い記事だったとしてもその記事が読まれないのであればコンテンツの購入にはいたりません。

例えばSEOでnoteの有料記事が上位に表示され、流入があったとしても、購入される数は非常に少ないでしょう。

そこで考えないといけないのが何処に記事のURLを貼り付ければよいのか?私たち一般人が簡単に作れる流入口こそが“SNS”だったりするのです。

日本国内で主流のSNSはLINE、Twitter、Instagram、Facebookあたりになるかと思いますが、LINEはSNSとしての側面よりもメッセージアプリとしての側面が強く、Facebookはしばらくユーザー数が増えてません。

一般人が使いやすいSNSであれば、Twitter、Instagramという選択になるかと思います。

InstagramはユーザーとMAUの比率が高く、広告媒体として見ると非常に有能なSNSではありますが、 URLを直張り出来るのはフォロワー10000人以上のユーザーのみなので、QRコード等での展開になります。

要するに10000人で線引きされてるInstagramに参入してパッとビジネスとして形にするのはなかなか難易度が高かったりするので、SNSの恩恵を受けにくかったりします。

それを考えるとTwitterを活用するのがSNS初心者には最適だったりします。ここであまり詳しく書くと本筋から逸れてしまいそうですが、サクッと説明していきます。

Twitterの特徴としては「リツイート機能」が挙げられます。自分の投稿をリツイートしてもらう事で自分のフォロワー外に投稿が露出しますので自分の認知度の向上、そしてURLを貼り付ける事も出来るのでフォロワーが少ないうちから仕掛ける事が可能です。

私の場合ですが、フォロワーが1000人の頃に初めてnoteで有料記事をリリースしました。販売から1ヶ月で150部を販売し、現在はBrainでも展開、noteとBrainで合わせて300部を超える売り上げとなっております。

内容としては「コバンザメ商法」資金も経験もない一般人が自己投資0円で起業し、自分のビジネスを構築する為の立ち回り方を記事にしました。


初めての記事なので文章力が乏しかったりもしますが、どんな記事が販売されたのか参考にして頂けたらと思います。

ゼロからnoteに参入すると仮定した場合、やはり一番シンプルかつ再現性の高い組み合わせを考えるとnote×Twitterの組み合わせでTwitterリツイート機能を活かしてフォロワー外へリーチ出来る仕組みを使う事でフォロワーが少ない時期からしっかりとした流入を作り込む事が可能になります。

Twitterのアカウントの育て方に関しては本筋から逸れてしまうので細かく記載はしませんが、ご興味のある方は下記記事を参照頂けたらと思います。

【決定版】Twitter×noteで累計500万円稼いだ王道の立ち回りと悪用厳禁な運用法 | SHO | BrainこんにちはSHOです。いつもTwitterをはじめ仲良くして頂きありがとう御座います。Twitterというプラットフォーム

brain-market.com

Twitterから流入を作りマネタイズに繋げる事を目的としたTwitter運用の手法を紹介しており、約12000文字が無料で読むことが出来ます。

是非、コンテンツを公開後に露出を増やす事も考え、SNSはマネタイズする事を前提で運用していく事を個人的にはおすすめします。

もちろん有益なコンテンツを有料で販売したら利益にも繋がりますが、個人的にnoteをおすすめする理由はあなたの過去の経験やあなたの知識がコンテンツとして世の中の人の手に渡る可能性があるという事です。


note出したら稼げるようになるわけでもないですが、あなたの経験や知識にお金を払って読みたいと思ってくれる人は必ず世界中に居るはずです。


私がnoteを書き始めた理由は「自分の常識が他人の常識ではない」と知り、誰かを喜ばせる事が出来るかもしれないという理由で作り始めました。


私は「コバンザメ商法」と称して、既存の事業に自分が出来る事を組み合わせて0円で起業し、利益を取るような働き方をしてます。事業者のマッチングだったり、飲食店の間借りだったり、営業の代行だったりと色々なお仕事を投資せずに立ち上げさせて頂いたりしていたので、そのような視点は私からしたら当たり前の事でした。

しかしあるフォロワーさんとTwitterでやりとりしてる中で「なにか副業をしたい」という話になり、自分なりの副業の始め方を話したところ“私にとっての当たり前”がその方には目新しかったそうで非常に喜んで頂き、その翌月には副業として新たな事業を始めていたのです。

そんな経験から「たったこれだけの事で人は喜んでくれて、稼ぐきっかけを作る事が出来るんだ」と知り、文字に起こしてコンテンツとして公開させて頂いたのです。

例えばあなたは生きる為に職場で色々な経験をしたり、勉強させられたり、学んだりしてきてると思いますが、その経験や知識はあなたの環境だからこそ「当たり前」であり「常識的」な事だったりするんです。

その経験を自分の知識としてお金を払って読んでみたいという方は一定数必ず居るので、あなたがしてきた経験は全てコンテンツに成り得ます

あなたの「当たり前」が他者からみたらお金を出す価値のあるコンテンツに変化するまでの道筋を有料記事を1300部販売した私が示しますので、購入するだけではなく、この記事を参考に無料記事でも良いのでコンテンツを作ってみて下さい。

本編の有料部分では具体的なコンテンツの制作方法やTwitterを活用した集客方法、一発屋にならない為の販売戦略を私の主観も交えて紹介していきます。

基本的に私は他のインフルエンサーのようにコンテンツの値下げをすることはありません。見つけて頂いた今がこの記事の“最安値”です。
値下げをする事で過去の購入者が良い思いはしませんし、私の記事をいち早く見つけてくれた方がその時に最も安い価格で手に取って頂く事が私達コンテンツ製作者の精一杯の誠意だと思っております。

そしてここまで読んで頂き期待して頂ける方は是非noteのアカウントをフォローお願いします。実は毎回コンテンツの公開日の前日に記事はアップしており、私と繋がりのあるnoteのフォロワー様限定で先行購入出来るようにしています。アップした翌日に本来の販売価格に設定し直しTwitterやInstagramに投稿させて頂いておりますので今度ともよろしくおねがいします。

【購入者特典】

この記事の購入者限定ではありますがいくつかプレゼントがあります。

①URL貼り付け可能のコミュニティへの招待

②大手広告代理店のデザイナーの「アイキャッチ制作」割引券

有料部分で解説しますがコンテンツの露出をさせる事が非常に大切なので、コンテンツ製作者同士でURLの共有をする事で露出を増やす為のコミュニティに招待します。

日本人なら誰もが知ってる有名広告代理店のデザイナーによるアイキャッチを「SHO割」で購入する事が出来ます。

詳しくは有料部分の最後をお読み下さい。

今回この記事の公開を記念して12月18日から12月20日の期間限定となりますが【通常19800円⇨2500円】で公開させて頂きます。

記事内での発信という一方的な形でのお付き合いではありますが、1300部以上の記事を販売させて頂いた私の経験からあなたのコンテンツ作成の0⇨1にお力添えさせて頂けたらと思っております。

この記事はこのような方に向けて書いています。

①コンテンツを作ったことがない初心者
②コンテンツはあるけど売上が伸びてない
③長文で文章が迷子になってしまう
④売上はあるけど一発屋で終わってしまう

基本的にこれからコンテンツを作成したい方や、公開はしたけど売上が伸びない方などを対象にしており、既に有料記事で1000部以上の販売実績があり、数十万の利益を獲得しているような方にはお力になれないかもしれません。

「頑張ってみたい」と思う方はこのあとの“有料部分”にお進み下さいませ。

あなたの“いいね”と“おすすめ”が私達クリエイターにとって大きな励みになりますので併せてよろしくおねがいします。


この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

1 件のレビューがあります
平均スコア 5.0
タビビト

コンテンツ制作のスタートライン

「Noteって何?」から 「あなたの当たり前が誰かの特別になる」 コンテンツ制作の秘訣と沢山の情報があるからオススメ! 正直、1回読んだだけでは理解しきれないほどの情報量と質で何回も読み返したくなる。 「よし!私もなんか書いてみよう!」 と思えるよ! きっと!

この記事を購入する