コピーライティングは最強の武器/これからの時代を勝ち続ける為に

  • 2020年4月25日
  • 2020年5月29日
  • Brain
  • view
コピーライティングは最強の武器/これからの時代を勝ち続ける為に

コピーライティングは最強の武器/これからの時代を勝ち続ける為に

0 件のレビューがあります
平均スコア ">

現在、貴方に『人の心を動かせる』ライティングスキルはありますか?

スマホの普及、SNSの発達、そしてリモートワークが主流になっていく中で

これからの時代は『人の心を動かせる』ライティングスキルがない人はチャンスを掴めない時代になります。

チャンスが掴めない=勝つ事ができない

現在、貴方に『人の心を動かせる』コピーライティングスキルが備わっていないとすれば、下記が備わっていないだけです。

マーケティング戦略力

コピーライティングを行う際に重要なのは『どう言うか?』ではなく、『何を言うか』になります。

コピーライティングは、紙とペンがあれば誰でも書けるからこそ、上記のマーケティング戦略力がとても重要です。

学べる環境

コピーライティングを学べる環境や人物って不在の場合が大多数です。

仮にあったとしても、社外秘に相当する重要なノウハウになる為、気軽に開示してもらう事も難しいです。

だからこそ、体系的に学べるルートを確保できるのは重要になってきます。

検証する環境

コピーライティングは書く事でライティング力はあがりますが、『人の心を動かせる』ライティング力が身につくとは限りません。

沢山書いたコピーの中で、様々な結果が出ます。

そのあらゆる結果が【なぜ、そうなったのか?】というノウハウは日々の活動で行う検証、修正を繰り返していく中でしか生まれません。

ぜひ、この記事の中で『人の心を動かせる』ノウハウを掴んでください!


◼️戦略を練る

いきなり、コピーを書く事だけは辞めてください!

コピーを書く前に

それは誰に向けて、どんな価値やベネフィットを伝えるべきかを先に考えましょう。


こちらを読んでいる方から

「じゃあ具体的にどう書くの?どう考えるの?」という声が聞こえてきます。笑

【人の心を動かせる】コピーを書く為に

考える

1.自身の扱う商品やサービスをしっかり把握してるか。主なセールスポイントを捉える事ができているか。

2.ターゲットはきちんと定めて、自身でも把握しているか。見込みの高い客や潜在客にも価値ある内容か。

上記2点がコピーを考える際に必要なステップです。

書く

1.相手に伝わる言葉で書けるか。

2.ターゲットに何かしら約束を行い、その約束を実現できる事が可能な根拠を裏付けているか。

3.即、要点を切り出せているか。

4.セールスポイントに直結した見出しか。

5.書いている内容が単刀直入で明瞭か。

6.筋が通っている内容を書いているか。

7.自信と熱意があり、説得力のある内容か。

8.相手が必ず知りたがる疑問に答えているか。

上記8点がコピーを書く際に必要なステップです。

上記10項目には、【そんなの当たり前でしょ】と感じる項目があるかと思います。

けど、実際にこの当たり前が考えられずにコピーを書いている方が大多数です。

いくつか、貴方に質問です。

貴方は下記について、明確に回答する事できますか?

なぜ、そのターゲット?そのターゲットでOK?

顧客のベネフィット(メリット)は何?

ターゲットの何(課題)を解決できるか?

自社ではなく、他社では駄目なのか?

独自の強みは何?

上記5項目を即答できない状況であれば明確な戦略を考えていないという事になります。

重要なのは

誰に書くか【ターゲット】を決める事。

そのターゲットに伝える【提供価値】を決める事。

とにかく考える事。

『どう言うかではなく、何を言うか』を重視してください!


有料版では、コピーライティングの具体的な考え方、戦略の練り方、自社のUSP(独自の強み)洗い出し方、人の『心を動かす』コピーライティング法、各訴求ジャンル毎の型と基本例文、キャッチコピーの使い方をお伝え致します。

ぜひ、この機会に『人の心を動かせる』コピーライティング法を会得頂きたく存じます。

この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

0 件のレビューがあります
平均スコア ">

この記事を購入する