プロコーチが教える【コーチングセッション攻略法】上級編

  • 2020年2月9日
  • 2020年5月29日
  • Brain
  • 45view
プロコーチが教える【コーチングセッション攻略法】上級編

プロコーチが教える【コーチングセッション攻略法】上級編

ひめさとこ
2020-02-09 09:51:25
0 件のレビューがあります
平均スコア ">

こんにちは。ひめさとこです。

プロコーチ歴8年 株式会社しんぷるすまいる代表

誰でも読むだけで、コーチングができる「すまいるすごろく」の開発者です。


コーチングを学んだけど…

あるいは、【コーチングセッション攻略法】初級編を読んだけど…

もっと知りたい!という方向けに

コーチングセッションで失敗しがちなポイントと

その攻略法をお伝えします。



《もくじ》
☆コーチの在り方
☆コーチングを受ける目的を明確にする
☆コーチングの基本ルート
☆目的と手段
☆現状の課題を把握するポイント
☆2つの課題は分けて扱う
☆きっかけを確認するポイント
☆パターンを明確にする
☆大切な2つのスケール
☆価値観を引き出すのは、感情から
☆理想の状態を明確にするポイント
☆ビジョンを描くときは、枠を外す
【質問力をつける】
【臨場感のポイント】
【タイムラインのポイント】
【ポジションチェンジのポイント】
【重要・緊急のマトリクス】
【話したくない。と言われてもコーチングはできる】
【さいごに…】


☆コーチの在り方

守秘義務は守ります………セッションをしたことも守秘義務に含まれます 

ジャッジしない……………ジャッジは自分の過去記憶でしかない

無限の可能性を信じる……量子物理学をベースに考えると、可能性は無限大

特定の答えに導かない……クライアントも本当の望みに気付いていない場合がある

対等な関係で関わります…「してあげる」のではなく「させていただく」



☆コーチングを受ける目的を明確にする

課題の解決のために受けるのではなく、

課題を解決したその先の人生のために受ける。

そこにコミットしていただくために、

どんな人生にするために受けるのか?を明確にする。


☆コーチングの基本ルート

今、どこの話をしているか?をチェックする

①現状確認

必要に応じて、きっかけを聞く


②①がどうなったらいいか?軽く聴く


③無限の可能性のビジョンを聞く

どう生きたいか? 何を成し遂げたいか?


④視野を広げたうえで、最初の課題の理想の状態を描く

必要(残り時間)に応じて、テーマを決め直す⇒この場合①に戻る


⑤課題の理想の状態、もしくは、ビジョンに向かうための行動を決めていく



☆目的と手段

手段ではなく、目的に向かう

手段は無数にある。

手段を選ぶのは最後。



☆現状の課題を把握するポイント

「~したい」は、「したいけど、何がおきているのか?」を確認する。

「~したい」が問題ではない。


《例》「起業したいんです」

⇒ 『起業したいけど…何に困ってるの?』


この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

0 件のレビューがあります
平均スコア ">

この記事を購入する