初心者向け コピーライティング(売れないものを売れるように)

  • 2021年3月18日
  • 2021年5月11日
  • Brain
  • view
初心者向け コピーライティング(売れないものを売れるように)

初心者向け コピーライティング(売れないものを売れるように)

RUI
2021-03-18
0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

コピーライティングとは

「人間心理を理解し、言葉で読者の行動を変えること技術」です。

ネットでコピーライティングについて調べてみると、ヘッドラインやブレット、クロージングコピーといった専門用語や、文章の書き方の注意点など、いろんな情報がでてきますが、本質は「人間心理を理解し、言葉で読者の行動を変えること技術」=「ユーザーの気持ちを理解し、ワクワクさせて行動させる」ことにあります。

これが大前提となります。

ここを押さえた上で、コピーライティングのことをより詳しく見ていきましょう。


コピーライティングの考え方

本質がわかったところで、次に具体的にどういったプロセスでコピーを作っていくかを見ていきましょう。

ユーザーの悩み・欲求を分析する

まずすべきことは、ユーザー心理の分析です。

市場を分析し、ユーザーがどんな悩み。欲求を抱えているかを理解しましょう。

商品・サービスで解決できることを分析する

次に、売りたい商品・サービスの強みを分析します

単純なスペック上の強みではなく、「商品・サービスを使うことでどんな“結果”が手に入るか?」という視点で考えることができると良いでしょう。

2つをかけ合わせる

ユーザーの悩みと商品・サービスの強みがわかったら、その2つをかけ合わせます。

ユーザーが抱えている悩みや欲求が商品・サービスを使うことで解決できるということをアピールするわけです。

ここでポイントになるのは、ユーザーの悩み・欲求が解決できる、ということです。

いかに優れた商品で、素晴らしい機能や特徴があっても、それがユーザーにとって有益で、ユーザーに求められていなければ売れることはありません。

大まかな流れと言えば

1,まずは、書く前に考える
2,ターゲット × 提供価値を考える
3,どう言うかよりなのを言うかを考える

です。

有料の部分では、すぐに使えるコピーライティングのテクニック

を紹介します。


この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

この記事を購入する