初心者向けTwitterマーケティング手法3つの特徴

  • 2021年3月18日
  • 2021年5月11日
  • Brain
  • view
初心者向けTwitterマーケティング手法3つの特徴

初心者向けTwitterマーケティング手法3つの特徴

RUI
2021-03-18
0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

SNSの利用が一般的になった近年、マーケティングにおいてもSNSは欠かせないものとなりました。SNSを活用する企業や店舗も増加し、様々な手法でマーケティングを行っており、新たにSNSを活用したマーケティングを検討している方も多いことでしょう。

今回は数あるSNSの中でも特に高い人気を誇り、日本においても特にユーザーが多い「Twitter」を活用したマーケティングについてご紹介いたします。

Twitterを活用したマーケティングの特徴メリット

まずはじめに、

Twitterを活用したマーケティングの特徴について解説いたします。

Twitterはユーザーが多く利用層も広い

Twitterは「ツイート」と呼ばれる全角で最大140文字の短文メッセージや画像・動画を投稿することができるSNSです。

従来のコミュニケーションツールやブログなどと比較して、より気軽に投稿することができる点や独特の緩い「つながり」といった特徴から、登場以来非常に高い人気を集めており、全世界でトップクラスのユーザー数を誇るSNSとなりました。

日本においても同様に人気が高く、Twitterの月間利用ユーザー数(アカウント数)は4500万人(4500万アカウント)にも上ります。(2017年10月発表)

ユーザー層が幅広いのも特徴で、SNSを活発に利用する傾向がある若年層はもちろん、40代~50代といった高めの年齢層まで幅広い年齢層のユーザーがTwitterを利用しています。ユーザー数が多く、ユーザー層も広い大きなマーケティング市場となり得るのがTwitterというSNSです。

自社を自由にブランディングできる

Twitterは企業のブランディングを行うのに最適なSNSです。

独自のキャラクター性や専門的なツイートを継続的に発信することで企業の知名度向上やイメージの構築をすることができます。

また、ツイートを通してユーザーとのコミュニケーションを行いユーザーの共感や信頼を得るなど、様々な方法で企業のブランディングを行うことができます。

Twitterは他のSNSと比較して投稿の拡散力が高い点が特徴です。ハッシュタグや「いいね」といったSNSの定番機能はもちろん、他ユーザーの投稿を気軽に再投稿できる「リツイート」機能が標準で実装されており、多くの人に興味を持たれるような投稿は爆発的な勢いで拡散されます。

特に人気の高いツイートは「トレンド」となることもあり、他のメディアに取り上げられ大きな話題になることもあります。「バズる」という言葉も記憶に新しいですが、その「バズる」という現象が起こりやすいSNSがTwitterなのです。

ユーザーとの相互コミュニケーションがしやすい

ツイートにはコメントを付けたり、先述のリツイートやリプライ(返信)をすることができます。従来のマーケティングが企業から顧客への一方的な情報発信が主だったのに対して、Twitterにおけるマーケティングでは企業とユーザーの相互コミュニケーションを容易に行うことができます。

ユーザーの意見や感想といった情報が取り入れやすく、企業イメージの向上や顧客との信頼関係の構築、製品・サービスの改善といった施策につなげやすい点もTwitterを活用したマーケティングの特徴です。

リアルタイム性のある投稿でトレンドや話題を生みやすい

SNSは継続的に情報を発信していくツールです。その中でもTwitterはツイートの気軽さといった要素から特にリアルタイム性が高く、トレンドや話題を生み出しやすいSNSと言えます。

例えば、スタジオジブリのアニメ映画である「天空の城ラピュタ」では、テレビでの地上波放送の際、映画終盤の「バルス」というセリフとあわせて、ユーザーがTwitter上でも「バルス」ツイートを投稿して大きな話題が生まれています。

リアルのイベントやテレビ放送など、クロスメディアにより様々なプラットフォームをまたいだ使い方ができるのも大きなメリットです。ネット上やTVなどで取り上げられる話題もTwitter発のものは大変多く、Twitterの利用は流行の最先端を行く上で有利に働くことでしょう。

Twitterアナリティクスによる効果分析(PDCA)と改善ができる

Twitterには公式で「Twitterアナリティクス」という分析ツールが提供されています。Twitterアナリティクスでは、投稿したツイートがどれだけ見られているか、どれほど反応されているかといった情報を確認することができます。

ユーザーの属性(性別、趣味や周溝、住んでいる地域など)や、どういったツイートの反響が大きいかなどデータ活用により施策の改善点を洗い出しやすくなっています。


次にTwitterにおける3つの主なマーケティング手法について、それぞれの特徴をご紹介いたします。

構成で言うと

1,Twitterのアカウント運用
2,Twitter広告の活用
3,人気Twitterインフルエンサーの起用によるインフルエンサーマーケティング
4,それぞれのTwitterマーケティング手法についてのメリット・デメリット
5,Twitterのアカウント運用のメリット・デメリット
6,Twitter広告活用のメリット・デメリット
7,Twitterマーケティングを失敗させないポイント

の7構成で書きました。

僕がもっと早く知っておきたかった〜って言う物を詰め込んだので、

ぜひしっかり読み込んで欲しいです。

この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

この記事を購入する