売上を爆発させる隠され続けた50の戦略

  • 2020年2月24日
  • 2020年3月24日
  • Brain
  • 113view
売上を爆発させる隠され続けた50の戦略

売上を爆発させる隠され続けた50の戦略

0 件のレビューがあります
平均スコア ">

Introduction:

あなたの商品やサービスの売上は何によって成否が分かれると想いますか?

[セールスコピー!]

という声が聞こえてきますね。確かにセールスコピーは大事ですが、それだけではないのです。多くの人がセールスコピーのテンプレートを称賛しています。確かにヘッドラインのスワップファイルぐらいなら素人でも大きく狂わないでしょう。しかし、本文のスワップはそう簡単にはいかないのです。外見上は全体の整合性を崩さずにあなた独自の商品用に組み替えることができても、本当の整合性を取ることは困難なのです。


本当の整合性?



ハイ!あなたの見込客があなたのセールスコピーを違和感なく感じるということです。



ですから、セールスコピーの学習をしながらもその他の即効性のある作戦も同時進行する必要があるのです。



わたしは“ランディングページブートキャンプ”、“インタネットパッケージ戦略”などのマニュアルを出版して、セールスコピー一辺倒に偏ることに対して警鐘を鳴らし続けています。



このマニュアルで実際にあなたの見込客に行動をとらせる“ホットボタン”(心理学的引き金)を理解することで、セールスコピーの言葉が持つ影響力をさらに増強することができます。



あなたが現在の日本のマーケット、英語圏のマーケットで売れるセールスページに出くわせば、そのメカニズムのエッセンスはすべてこのマニュアルに格納されていると言っても過言ではないでしょう。



これ以上簡潔にすることができないほどにわかりやすく手短に50の戦略にまとめました。



あなたが成功するために50の戦略をすべて同時に活用する必要はありません。ざっと50の戦略を一読してください。そして、あなたがピンときた戦略にマークしてください。



その後じっくりと沈思黙考して、あなたの販売戦略の仕掛けとして組み込んでください。その成果にびっくりすることでしょう。




では、始めましょう・・・





1. “前金オファー”戦略


“すでに(人数)人の方からこの○○(商品またはサービス名)を確保するため事前に代金を支払いたいと申し出をいただいています・・・”戦略を使えば、あなたの見込客に対してあなたの商品は、入手を確保するために正式発売前から代金を振り込みたいと言う人がいるほどホットな商品であることを伝えることができます。正式な販売時に数量限定販売を導入すれば効果はさらに上昇します。




2. “特権URL”戦略


“このリンクを他の人とシェアーしないでください・・・”戦略を使えば、あなたの見込客に対して、あなたのメルマガ購読者しかその特別URLを知ることができないという特権意識を持たせることができます。その特別URLに設置するものは、無料プレゼント、特定商品の割引、クローズド(メンバー限定)アフィリエイトプログラムなどが有効でしょう。さらにこの特別URLに付加価値を付けることも可能です。彼らに特別URLを第三者とシェアーすることはサービスの利用規約違反であると告知する、または実際に彼らが特別URLページを見る前に秘密保持条項を用意してそれに同意しなければ特別URLを見ることができないような演出を施すこともできます。




3. “デジタル割引”戦略


“フィジカル版に割引を提供します・・・”戦略を使えば、あなたの見込客がすでにあなたから購入しているデジタル版に関連したフィジカル版商品をリリースすることを伝えることができます。彼らがすでにデジタル版商品に支払っている金額をフィジカル版商品の価格から差し引くことを伝えることもできます。デジタル版を購入していない人はフィジカル版を購入する場合高い価格を支払う必要がありますので、デジタル版の所有者は優遇されることをアピールすることができます。効果的、そして納得感のある動機付けをすることが可能になります。




4. “将来に対する警告”戦略


“今回、・・・する前にあなたに警告するこれが唯一のチャンス”戦略を使えば、あなたの見込客に対して、あなたの宣伝告知を読まなければ何らかのデメリットがあることを伝えることができます。あなたが人に警告をするとき、通常は悪いことなので人は注意を払います。あなたの競争相手の商品について、あなたの商品の値上げが近いこと、その他彼らの利害に絡むことなどを警告することができます。この警告とあなたの誘導する商品、サービスなどを自然な形で連動させてください。




5. “問題が終焉する”戦略


“これは、あなたの人生における問題が終焉する助けとなる”戦略を使えば、あなたの商品が、彼らの個人的または誰かとの関係によるはりつめた状態やフラストレーションから救うことができることを伝えることができます。人は自分自身の心、または身体、または心と身体を癒したがっています。もちろん、自分自身だけではなく他人との係わり合いによる痛みも癒すことを望んでいます。通常、彼らが現在抱えていて解決できない問題は、商品のベネフィットと関連してきます。まさに、ビジネスチャンスがここにあるのです。あなたはただ彼らに対して、あなたの商品がどのように彼らの抱える特定の問題を解決するのかを見せれば良いのです。




6. “悲劇的なストーリー”戦略


“今まで誰にも話したことのない個人的な悲劇的体験のお話しをします・・・”戦略は、あなたが今まで隠してきたあなた自身に起こった悲劇的なストーリーをあなたの見込客に対して明らかにする作戦です。人はあなたがどのような問題を抱え、あなたの商品がどのように関連するかを知りたいと感じます。過去の金銭問題、人間関係の問題、健康問題などのストーリーが使えます。経営者が過去にどのような危機に襲われ、それをどのように克服したかを知りたがるものです。その危機の克服にあなたの商品やサービスがどのように関連するかを自然な形で見込客に伝えてください。




7. “ヴィジュアル(視覚的)ボーナス”戦略


“ボーナス:コミックブックヴァージョンを受け取れます・・・”戦略は、あなたの見込客に対して、あなたの情報を読めばちょっとしたエンターテイメントを体験できることを伝えます。あなたの情報は商品のインストラクション、クイックスターターガイド、eBook、オーディオ/ヴィデオガイドなどの形態で提供することができます。エンターテイメント性を持ったボーナスには写真、絵、画像など視覚的にアピールできるものを用意することで、よりあなたのメイン商品を魅力的に見せることができます。結果として売上を上昇させることになります。




8. “彼らがわたしを見ている”戦略


“わたしのライヴァルが見ているので、今すべてを明らかにすることはできません・・・”戦略をプレランチなどのフェーズで活用すれば、見込客の好奇心を喚起して引き込むことができます。たとえば、あなたのライヴァルに新商品をコピーされたくないので、現時点では情報を絞り、正式にランチしたときにさらに詳細情報を提供する旨をあなたの見込客に伝えます。その他の理由も考えられます。ライヴァルがあなたの商品やサービスの安っぽい安価版を投入し、本来のベネフィットをお客様に提供できない事態を回避するために・・・特定のライヴァルを攻撃するのではなく仮想のライヴァルを設定して、あなたやあなたの商品がいかに優れているかをアピールすることができます。




9. “最初に知る”戦略


“ボーナス:最優先お知らせリストへ登録・・・”戦略を活用して、あなたの商品を購入してくれればあなたの新商品情報を誰よりも早く知ることのできるお知らせリストに登録できることを伝えます。もちろん、その購入する商品と関連があって代替え商品が少ないオリジナル商品であることが望ましいです。人は誰よりも早く新情報を知り、新しい商品からベネフィットを掴み取りたいと望んでいます。




10.“カンニングペーパー”戦略


“ボーナス:カンニングペーパー版を今すぐゲット・・・”戦略を活用して、あなたの見込客に対して、あなたの商品を購入すれば通常はお客様に明かさないより効果的な方法を教えてあげると伝えます。たとえば、あなたがスクリプトを販売しているとします。通常はスクリプト本体、ユーザーガイド、ヴィデオチュートリアルなどがバンドルされていますが、それだけではなくあなた自身がそのスクリプトを活用して効果の出ている利用方法をインサイダー情報のように提供することで見込客の反応が劇的に上昇します。このカンニングペーパー情報はPDF、ヴィデオチュートリアルなどの媒体を通じて提供できる他にオンライン上で提供することも可能です。

この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

0 件のレビューがあります
平均スコア ">

この記事を購入する