Google広告(GDNやリスティング広告)でアダルト審査落ちを回避する方法

  • 2020年1月31日
  • 2020年9月11日
  • Brain
  • 183view
Google広告(GDNやリスティング広告)でアダルト審査落ちを回避する方法

Google広告(GDNやリスティング広告)でアダルト審査落ちを回避する方法

ケン@副業ブログ
2020-01-31 05:04:36
0 件のレビューがあります
平均スコア ">

皆さんこんにちは。

Google広告のディスプレイ広告やリスティングのレスポンシブ広告でアダルト審査落ちを回避する方法の紹介です。

この記事にたどり着いたという事は、Google広告を自力/インハウス運用、または代理店にてGoogle広告を運用する中で、広告がアダルト審査落ちなどに引っかかって、対策方法を探してる感じでしょうか。

僕も何度か困った中で(というか今もよく引っかかる)、解決してきたプランを紹介します。僕は本業のネット事業でネット広告の運用もかなりやっているため、自分がつまづいた部分のノウハウのシェアをしようと思います。

結構、Google広告の基本、とか、Facebook広告の基本、とか、基本的な「そんなんだいたいわかるわ!」って部分のネット記事や書籍は多いのですが、そこを超えたディテールのテクニックやトラブルシューティングってあんまり記事化されてないんですよね。

まぁ代理店の人とかが核心書いちゃったら仕事が減るし、公式も審査部分はボヤかしたいから核心書かないだろうし、そういう力学が働いてるんでしょうね。

本記事が想定するケース

本記事が想定するシーンとしては、アダルトサイト運営やアダルト画像を審査に通したい、というケースではなく(そもそもGoogle広告においてそれを通過させるのは無理なため)、あくまでアダルトではない通常のサービスの広告出稿において、広告審査がアダルトで引っかかるはずが無いと思われるのに、何故か審査落ちしてしまうというシーンを想定して本記事を書いてますので、その前提で読んでくださいね。

留意事項に関して

今回のアダルト審査落ち回避方法に関してですが、前置きとして、自分は審査落ちする理由をこうだ、と仮説立てて、こうやっていつも対策してます(で、割と解決してます)、という知見であって、あくまでGoogle公式見解ではないのと(Google社に聞いた方法論でもないです)、100%解決を保証する方法でない、Google側の審査方法の変化により解決方法が変化する可能性がある、などの留意点に関してご了承ください。

また、自分も悪戦苦闘しながらコストやリソース(自分の時間)を使って解決してきているので、核心部分は有料で販売させてもらってますのでご了承ください。

Google広告でアダルト審査落ちするパターンについて

まず、アダルト判定になってしまう時に要素分解すると大体以下だと思います。

この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

0 件のレビューがあります
平均スコア ">

この記事を購入する