YouTubeで収益化する事が出来るまでの軌跡

  • 2020年8月24日
  • 2021年3月19日
  • Brain
  • view
YouTubeで収益化する事が出来るまでの軌跡

YouTubeで収益化する事が出来るまでの軌跡

蓮見
2020-08-24
0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

私はチャンネル登録者数7000人を超えるチャンネル【蓮見】

2000人を超えるチャンネル【sino channel】を2つ運営しています。


チャンネルURLの紹介

蓮見

https://www.youtube.com/channel/UCx7H6Nuc1hJKUoV7nHdfC8g

sino channel

https://www.youtube.com/channel/UC8xhicfnbu_8GnuXupcfm2Q


現在、

1つ目は平均1投稿の平均再生回数は7000回

2つ目は平均1投稿の平均再生回数は3000回


先に2020年の3~4月の収益と広告単価をご紹介します。


2020年

sino channel

3月総再生数 64348回 広告収益25,463円 単価約0.39円

4月総再生数 67734回 広告収益15,482円 単価約0.22円



蓮見

3月総再生数 177646回 広告収益55993円 単価約0.31円

4月総再生数 176523回 広告収益31608円 単価約0.18円


余談ですがこちらを執筆している段階では

動画に対して高評価が付こうが低評価が付こうが、

広告の金額に影響はありません。


ご覧頂いたように2つのチャンネルの収益を合わせて

毎月5万円、多い時で8万円を超える事もあります。


私の中では無理なく楽しんでやっているので

副業やお小遣いとして年額60万円~100万円入っています。

大人気のチャンネルじゃなくてもこれだけの

お金が入ってくる現状です。


この【YouTubeで収益化する事が出来るまでの軌跡】を読んで頂ければ

確実に自分のチャンネルを育てる為に

私が行ってきたチャンネル登録者数を増やせた方法

1投稿の再生数の上げ方について

私の失敗も沢山した上で経験から事実のみのを記していますので

これからYouTubeを始めるからあなたの今後の活動のお役に立てると思っています。


YouTubeチャンネルを4年間運営してきた経験を集約したこちらの記事は、

今後も定期的に加筆や更新などアップデートしていく予定です。

一度ご購入して頂いた方は、更新後も無料でお読みいただけます。

以下は本記事の目次です。


1.YouTubeで動画投稿をしようと思ったきっかけ

私が動画投稿を始めようと思ったきっかけは

職場の元上司の存在でした。

「YouTubeで収益を得る」と言う事実は4年前の段階でも珍しく

その当時、彼のチャンネル登録者数3万人(現在8万人)

「ガジェット系」と言われるカメラやパソコンなどに関係する

動画を投稿しておりました。

そんな彼にある日

「動画投稿して、収益って得られているんですか?」

と連絡しました。

そうすると「確定申告をする位は貰っているよ」と言う返答を頂きました。

その当時はサラリーマンだったので「確定申告」と言われても

ピンとこなかったのですが、結論として

「年間20万円を超える収益」を得ているという事でした。

(今、思うとそれを大きく超える収益があったと思います)

月に直すと1万6千円

大した金額に聞こえないかもしれませんが私には衝撃でした。

「仕事の延長線上の内容を動画にしてお金になるんだ」と。

元々、ビデオカメラなど持っていたので私はすぐに行動に出ました。


2.YouTubeへの初めての投稿 sino channel誕生

私が初めてYouTubeに投稿した動画は今でも残っているのですが

「α6000(ミラーレス一眼レフ)開封」

タイトルから分かる通り、ありふれた商品開封動画です。

元々、カメラに興味がありYouTubeへ動画投稿するなら

「映りの良いカメラを買おう」という思いだけで購入しました。

それが全ての始まりまりです。


3.2ヵ月間で平均再生回数10回!!!伸び悩む日々

動画投稿を始めて2か月、

動画本数20本

再生数は多くても10回。

ビンゴゲームでいうと”いくつ穴を開けても当たらないような日々”

「動画投稿で収益を得る!」と決心したのに心が折れていました。

※有料版ではこの投稿しても

再生されない場合の方向けに

取り組むとよいルーティンをご紹介しています。


4.「人の役に立つ動画」で再生数に弾み

その後4ヵ月でチャンネル登録者数30人(総数です汗)

現在と規約が違ったのでYouTubeの収益化(グーグルアドセンス)もでき

いよいよYouTubeへの動画投稿に弾みがついた時期でした。

この頃にはより具体的に「人の役に立つ動画」を意識していました。

※有料版では人の役に立つ動画を私の場合

どのようにして動画に落とし込んでいるのかを

具体例を出してご紹介しています。


5.伸び悩みからある戦略を始めて思惑通りに

その後、順調にチャンネル登録者数も増え動画再生数も増えていきましたが

チャンネル登録者数が400人ぐらいで増加が止まってしまったのです。

この当時「ダイソン」「掃除機ネタ」鉄板の動画があったのですが

投稿数を増やしてもあまり変化が無い日々が続きました。

再生数に行き詰った私は、ある戦略を始めました。

すると、すぐに3桁を超える再生数も稼げ、チャンネル登録者数も

1年で1000人を超えるチャンネルになりました。

この段階で二つのチャンネルを合わせて毎月8,000円を超える

収益を安定して得る事が出来ました。

(YouTubeの収益、グーグルアドセンスは8,000円を超えると振り込まれます)

※有料版では5についての

戦略について具体的にご紹介しています。


6.YouTubeによる規約変更による収益化のピンチ

現在YouTubeの収益化の条件として

・チャンネル登録者数 1000人

・動画総再生時間 4000時間

こちらがボーダーラインとなっていますが

2018年2月20日以前はグーグルアドセンスの審査さえ

通過していれば収益化できていました。

この時期の私のチャンネルの状況は

sino channel

・チャンネル登録者数 630人

・総再生時間   26000時間

蓮見

・チャンネル登録者数 1300人

・総再生時間 記録は残っていないのですが4000時間は越えていた

sino channelは動画の再生時間は大幅にクリアしてたのですが

チャンネル登録者数が下回っておりました。


7.向上心を持った同志に出会い具体的な再生数アップの技を教わる

その後sino channelもチャンネル登録者数1000人を超え

2本立ての収益を得る事が出来たのですが

サラリーマンとしての仕事も忙しく

YouTube動画の向上心は無くなっておりました。

「いつも通りの動画でいつも通りの収益が得られる」

そんな日々でした。

でも、そんなある日同じヴェルファイアに乗る方から

「YouTubeオフ会をやるので参加しませんか」

というダイレクトメッセージを頂きました。

その時は丁重にお断りしたのですが

その時、連絡があった方とはその後もやり取りし、

YouTubeの動画再生数の増やし方など教えて頂きました。

実際に取り入れてみて、役に立ったので

私の経験も踏まえてご紹介しています。

※有料版では、教えて頂いた

具体的な情報を私なりに取り入れてみて

これは活きたなと思った2つの技を

ご紹介しています。

よくみると他のYouTuberさんでもやっていると

気付く情報になっている為、

人気になりやすいチャンネルの

共通性をこちらの情報で見出せるかと思います。


最後に上記の記事の他に

分析の仕方【チャンネル登録者数、動画再生数に大きく貢献した出来事】

広告の仕組みと広告単価

こちらについてもご紹介しています。


ぜひ今後の運用の改善の際に

お役に立てましたら幸いです。


これから5Gのを迎えて、

動画が見られる可能性が増える事は決定的になりました。

ぜひ今からご自分でチャンネルを作り

動画収益のチャンスを掴んで頂きたいです!!!

--------------------------------------------------------------------------------

この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

この記事を購入する