YouTube動画編集で使えるテロップエフェクトプリセット

  • 2020年4月10日
  • 2021年2月26日
  • Brain
  • view
YouTube動画編集で使えるテロップエフェクトプリセット

YouTube動画編集で使えるテロップエフェクトプリセット

たいぺー
2020-04-10
0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0


みなさんこんにちはAdobe神(@taipei_freedom)です!

本日は動画編集で使える動画素材を配布したいと思います。

今回は「テロップエフェクト」のプリセットです!

YouTube動画の編集などに使うと動画の質が一つアップするかと思います!

使い方もとても簡単でドラッグアンドドロップですぐに適応できます。

エフェクトのサンプルは下記になります。


テロップベースエフェクト「move」の説明

簡単にこちらの素材の説明をまとめます。

・20種類のテロップエフェクトプリセット
・商用利用可(ただし流用して転売する行為は禁止です)
・prfpsetファイルを添付(Premiere Proで読み込むことができます)
・返金保証あり(購入者返金申請をONにしてます)
 →何か不備があったり、ご使用の環境で使うことができなかった場合全額返金いたします。

20種類のテロップフェクト一覧になります。


利用方法

①noteを購入し、添付ファイルをダウンロード
②prfpsetファイルをPremiere Proで読み込む
③レガシータイトルやエッセンシャルグラフィックスなどのテキストのクリップにエフェクトをドラッグアンドドロップして適応
③'自分好みのスピードや動きにカスタマイズも可能

税込1,000円とお求めやすい価格になっています。

①記事を購入し、添付ファイルをダウンロード

まずはこちらの記事をご購入ください。

②prfpsetファイルをPremiere Proで読み込む

ダウンロードしたprfpsetファイルを読み込んでください。

エフェクトパネルの赤枠で囲んだところで「右クリック→プリセットを読み込み…」を押してください。

エフェクトパネルが見当たらない場合は画面上の「ウィンドウ→エフェクト」にチャックを入れてください。

そしてダウンロードしたprfpsetファイルを読み込めばOKです。

③レガシータイトルやエッセンシャルグラフィックスなどのテキストのクリップにエフェクトをドラッグアンドドロップして適応

(ここからは他のエフェクトを使う時と同じ要領です)

すると「プリセット→たいぺープリセット」というものが出てくると思います。

なので、こちらをテキストのクリップにドラッグアンドドロップすることでエフェクトが適応されます。

「エフェクトコントロール」を見ればどんな風にテロップエフェクトを作っているかがわかると思うので値を変更して自分好みにカスタマイズしたり、エフェクトの作り方を研究していただいても構いません。

カスタマイズしたテロップエフェクトの保存については以下の記事にてプリセット化する方法を記載しているのでご覧ください。

https://adobeshin.com/premierepro-animation-2/

もしこれ以外にわからないことなどあればコメントやメッセージいただければ対応いたします。

またダウンロードしてみて何か不備があったり、ご使用の環境で使うことができなかった場合全額返金いたします。

今回のテロップエフェクトプリセット「move」以外にもテロップベースやラガシータイトル&エッセンシャルグラフィックスのテンプレートなども配布しているのでぜひそちらも合わせてご覧ください。




※ダウンロードファイルはご購入後に表示されます。

この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

この記事を購入する